everything is wrong but you
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
月末
  仕事がとても忙しい。とてもとても。

  月末だからなんかいろいろ重なっちゃって。他人の仕事なんかしてる余裕あるかっつうの。

  朝の通勤時に Oasis の 「Standing ~」を聴いてた。たぶん、2nd 以降の Oasis のアルバムの中では一番好きかもしれない。

  っていうか、あの新作「Don't Believe the Truth」、ナニコレ…?ってくらいツマラナイんですが。

  なんでもっとそれぞれの持ち味出せないんだろ。最近のリアムの曲、素晴らしい曲ばっかりだったのになぁ。
スポンサーサイト
Black Sun @ Liquidroom Ebisu
  五十嵐 アンプラグド

  1. I.N.M
  2. イマジネーション
  3. 君を壊すのは
  4. ラファータ
  5. バランス
  6. バナナの皮
  7. 多分 (鹿野、ごめんなさいバージョン)
  8. Scene through

unmasked
COREY TAYLOR

  ああ、遂に奥の手を使ってしまいましたね。

  Slipknot 「Before I Forget」 の PV。

  「Vermilion」のときから、なんとなくそろそろやりそうかなと思ってましたが。ま、完全に露出したわけでもないですけど。

  と言っても、今更というか、ほとんど素顔もバレてしまってるんですけどね。サイドバンドではマスク付けてないし。ヨメは普通にジョーイと写真撮ってましたし。

  でも Slipknot でそこまでやっちゃっていいのかと。ちょっと微妙な感じがしますね。KISS だってメイクしてないと KISS って感じしないですし。そういや、リンプに復帰したウェスはメイクしてなかったですね。

  ナチュラル系が流行ってるんでしょうか、ラウドは。

  おまけ。

  コリィのマスク崩しゲーム
トラックバック
  映画の感想を書いたら、なんかトラックバックが局所的に急増。今まで滅多についたことなかったのに。

  というか、トラックバックの意味すらあまりよくわかってなかったりしますが。トラックバック返しという言葉も知らないまま、適当にやってみたりして。

  でも、他の方の感想読んでると、熱いですね。

  なんか自分が異様に冷ややかな人間のような気がしてきた。

  あんまり熱を表に出すのは得意じゃないんですよ。

  いつも淡々と書いてるけど、それなりに熱くはなってるんですよ。だいたいわざわざ書こうとする時点でそれなりに熱いんです。
バタフライエフェクト
  http://www.butterflyeffect.jp/

  観ました。

  なんか、「世にも奇妙な物語」とかに出てきそうな話ですよね。もしくは「ドラえもん」とか(笑)。SF チックなんだけど、後に教訓を残すというか。

  過去を変えることで未来の出来事を変えることができてしまう主人公の話なんですが、なかなかこれが思ったとおりの結果につながらないわけですね。ひとつのことがうまく行っても、別のところで必ずなにかの歪が出てきてしまって。

  タイムスリップものと言えば、「バックトゥザフューチャー」とか「オーロラの彼方へ」とかを思い出すんですけど、その二つとはまた違って、必ずしもすべてがうまく行くわけではなかったりハッピーエンドにならなかったり。

  誰でも「あのときこうすれば今はもっと良くなっていた」とか「あのときはこう言えば良かった」とか思うことはあると思うんですけど、それができたとしても結局そのカルマはずっと背負わないといけないことに変わりはないんでしょうねぇ。

  こういう映画は結構好きです。話もよくできてると思う。その時点その時点での「現在」から新しい情報を得て、また過去と現在を動かしていくっていう伏線の張り方とか。意表を突くオチ(現在)になってて「えぇ~?」みたいな。

  最後になんか聴いたことある歌声が流れてきたと思ったら、Oasis の「Stop Crying Your Heart Out」だったり。この曲、実はかなり好きなんですけどね。こういう曲があるから、なんだかんだ言っても Oasis が好きだったりするんだよな、と映画とはぜんぜん関係のない感想で閉めます。
コンスタンティン
  http://constantine.warnerbros.jp/

  観てきました。

  この映画って宗教的な話とか中心になって悪魔とか天使とか地獄とか出てきますけど、結局一番言いたかったのは、


  タバコの吸い過ぎは身体に毒です!


  ってことなんですかね。なんか裏でアメリカの禁煙ブームが絡んでるような気がしますねぇ。

  この系統の話って結構好きな方なんですけど、なんか全体的に展開が遅くて、テーマの割には内容が薄い感じがしました。ヨメは面白かったとゆってたので、つまらない映画ではないと思うんですけど。シュワ知事の「End Of Days」よりは若干マシな方だと思いますが、バトルシーンは「ブレイド」と変わらないです。

  最後にちょろっと出てきたサタン(ルシファー)も悪魔の王の割には、仕事のし過ぎで息子のことを把握できてなかったり。「え!?まさか!うちの子に限って!」みたいな顔してましたからね。悪魔っていうより、ただのサラリーマンのおっちゃん、みたいな。肺癌の手術もできちゃうし。

  ま、キアヌのコンスタンティンも、気の強いネオですし。

  個人的に盛り上がったのは、バーのシーンで APC の「Passive」が流れたときですね。しかも丁寧に字幕付きで。やっぱメイナードの声ってこういうオカルトっぽい話とか合いますねぇ。
GW 明け
  あー現実がぁ。

  金曜シロップ、土曜シロップ、日曜バックホーンと、GW の最後を怒涛のライヴ三昧で過ごしたおかげで、軽くフェス明け気分であります。したがって、明日からまた通常営業な日々が始まるかと思うと…。

  ま、次の 22 日の五十嵐アンプラグドを楽しみに頑張りますか。

  しかし邦楽ってのは手を広げすぎるとライヴの本数が大変なことになってしまいますね。洋楽だとだいたい 2 年か 3 年かヒドいときは 10 年に 1 回来日ってくらいのペース(もしくは 2 度と来なかったり…)ですが、邦楽は 1 年にへたすると 2 回くらいツアーしたりしますから。

  それもあって実は数年前まで邦楽を避けてたんですが、こうなってはもう時既に遅しって感じで。イベント行くたびに、あぁこのバンドもいいなぁ、とか。チケ代安いのがまだ救いですね。

  週末のライヴの話はまたぼちぼちと遡って追記します。
Syrup 16g @ Liquidroom 二日目
  この日の個人的収穫は「センチメンタル」ですね。

  もうシロップのライヴにはかなりの回数行ってて、聴きたいなぁと思ってた曲もほとんどひととおり聴けてたけど、唯一残ってたのが「センチメンタル」で。イントロが始まったときはかなりテンション上がりました。

  この日は前日に比べると結構淡々と展開していった感じですね。というか、このテンションがシロップの場合、普通なんですけど。昨日みたいなのは珍しい。

  ラストの「Reborn」はできれば大阪みたいに弾き語りで聴きたかったけど、ま、22 日に演るでしょう。

  以下、オフィシャルよりセットリスト。

2005/5/7(sat.) 東京:LIQUIDROOM ebisu

tour 2005

[本編]
1. 明日を落としても 2. センチメンタル 3. 途中の行方 4. チャイム 5. AIR LIGHT 6. Honey's dead 7. イマジネーション 8. 君を壊すのは 9. ラファータ 10. バナナの皮 11. STAR SLAVE 12. 多分 13. Scene through
[En-1]
14. 生きたいよ 15. 天才 16. 落堕
[En-2]
17. リアル 18. 神のカルマ 19. 翌日
[En-3]
20. パープルムカデ 21. 空をなくす 22. 真空
[En-4]
23. Reborn
Syrup 16g Liquidroom 初日
2005/5/6(fri.) 東京:LIQUIDROOM ebisu

tour 2005

[本編]
1. I・N・M 2. Inside out 3. 途中の行方 4. チャイム 5. AIR LIGHT
6. Honey's dead 7. イマジネーション 8. 君を壊すのは 9. ラファータ
10. バランス 11. バナナの皮 12. STAR SLAVE 13. 多分
14. Scene through
[En-1]
15. もったいない 16. 正常 17. 落堕
[En-2]
18. リアル 19. 神のカルマ 20. Sonic Disorder
[En-3]
21. パープルムカデ 22. 空をなくす 23. 真空
フジ 第5弾
  連休中ということで、家でのんびり COUNTDOWN JAPAN の放送とか見てたら、知らないうちに COLDPLAY がフジに!(嬉)

  http://www.fujirockfestival.com/artist/

  New Order はなんとなく来るだろうなと思ってたけど、COLDPLAY は何故か予想外で。ついでにまさかアフロ兄弟まで来るとは思わなかったな。Mars Volta もいい加減、しょっちゅう日本来てるような気がします。

  今回の発表は個人的になかなか意外なメンツが多くて面白くなってきました。

  ステージ割りも出たし。Beck がトリじゃないことに少々驚き気味。Fatboy Slim はてっきりホワイトだと思ってたのに。Feeder もレッドマーキーかと思えば、ホワイトになってるし。

  なんかいろいろかぶりそうな気がするなぁ…。(怖)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。