everything is wrong but you
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
バタフライエフェクト
  http://www.butterflyeffect.jp/

  観ました。

  なんか、「世にも奇妙な物語」とかに出てきそうな話ですよね。もしくは「ドラえもん」とか(笑)。SF チックなんだけど、後に教訓を残すというか。

  過去を変えることで未来の出来事を変えることができてしまう主人公の話なんですが、なかなかこれが思ったとおりの結果につながらないわけですね。ひとつのことがうまく行っても、別のところで必ずなにかの歪が出てきてしまって。

  タイムスリップものと言えば、「バックトゥザフューチャー」とか「オーロラの彼方へ」とかを思い出すんですけど、その二つとはまた違って、必ずしもすべてがうまく行くわけではなかったりハッピーエンドにならなかったり。

  誰でも「あのときこうすれば今はもっと良くなっていた」とか「あのときはこう言えば良かった」とか思うことはあると思うんですけど、それができたとしても結局そのカルマはずっと背負わないといけないことに変わりはないんでしょうねぇ。

  こういう映画は結構好きです。話もよくできてると思う。その時点その時点での「現在」から新しい情報を得て、また過去と現在を動かしていくっていう伏線の張り方とか。意表を突くオチ(現在)になってて「えぇ~?」みたいな。

  最後になんか聴いたことある歌声が流れてきたと思ったら、Oasis の「Stop Crying Your Heart Out」だったり。この曲、実はかなり好きなんですけどね。こういう曲があるから、なんだかんだ言っても Oasis が好きだったりするんだよな、と映画とはぜんぜん関係のない感想で閉めます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。