everything is wrong but you
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ハンニバル・ライジング
  連休初日、日が落ちてからハンニバル日昇を観てきたんですけれども、あれだけ人殺しを明確なテーマに掲げている映画が特に R 指定とかになってないのもどうかと思いますが、まあ、面白かったですよ。幼少期の体験ってのは人間形成に大きい影響するもんなんですね。レクターがどのようにして人肉フェチになったのかが明らかになります。
  まあ、しかし、現在社会が生み出したモンスターではなくて、戦争の生み出したモンスターという点では当たり前すぎて少し肩すかしくらいましたが。そんなこと言ったら、当時の兵隊は全部狂ってるで終わってるけどね。結局のところ、レクターはモンスターというよりは平凡な人間過ぎたせいで環境順応っていう自己防衛がうまく働かなかったのだとか適当なことを思ってみたり。

  しかし、ムラサキて、そんな名前の日本人いません。あ、式部がいたか。いつの時代だ。青年レクターがどれだけ歳取ってもあの老人レクターにはなりません。どんだけ背が縮むんですか。全編微妙なジャパネスク満載なのに突っ込みネタだけで終われないのはさすがレクターシリーズか。

  一家に一台?鎧でも買っておきますか。着てよし!って…。

  http://item.rakuten.co.jp/yoroi/yamanouti_kazutoyo

  でもこんな結婚式は出席したくないなぁ。

  http://www.rakuten.co.jp/yoroi/409726/184532/

  こないだテレビで紹介されてたやつ。10億カード払い。

  http://www.rakuten.co.jp/yoroi/142709/146602/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moresoreal.blog6.fc2.com/tb.php/119-a0bbb851
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。