everything is wrong but you
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
シロップ 補足
  いくつか書き忘れたのと思い出したことを。

  よく五十嵐君は自分で自分のことを自虐的にオッサンオッサンと言う。僕はそれほど歳も離れてないこともあり(多少の希望的観測もあるけれども)、そこまで卑下しなくても、と思っていたりする。

  ところが、先日の VOLA に乱入した五十嵐君を見て思わず、


  誰だ、このくたびれたオッサンは!


  と思ってしまった…。


  それと、例によって連発された新曲群。

  僕は普通に嬉しかったですけどね。だってここでしか聴けない。

  そりゃ、新曲となるとちゃんと聴かないとというちょっと重圧もあるからさすがにあれだけ連発されると疲れるけれど、既存曲のベストセットなんてそれこそ一年に一回くらいやりゃいいんですよ。「Reborn」とかぶっちゃけライヴでは聴き飽きましたし。普通の単独とかイベントなら好きなだけ実験的なことやってくれていいです。

  きっとそうやって今までもシロップは成長してきたわけで。

  というか、ですね。

  あの五十嵐君の性格的に、実際、レコーディングをするという場であっても、一発 OK が出るとは考えにくいじゃないですか。レコーディングという重圧からトチりまくってそうで。

  でも、ライヴで失笑、よりはマシでしょう。

  だから、シロップのライヴに行く人は心せねばならないのです。


  五十嵐を鍛える為に俺たちはここにいる!


  しかし、今回の新曲も名曲揃いですね。すばらしい。

  ちなみに名古屋のアレはありませんので。期待している周辺関係各位、あしからず。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うざレス。
期待していた関係者です。うざいレスをします。
丁度自分トコでアレなレポを書いた後だったので読んで凹みました。
と同時にやはり俺はそこまでシロップ好きじゃねーんだなと確認しました。
だって、恐らくモーサムが同じ事をやっても俺は許す。だがあの髭はムカつく。兄貴のように達観はまだできねーのさ。
大人げなくブルシットとまで書いてしまった手前、自分とこでは書けないので呟いてみました。あはは。
2005/09/06(火) 02:43:05 | URL | 秋吉君(落下)。 #CZY6m62o[ 編集]
初めまして。
たまにのぞかせていただいてます。
自分はシロップ@リキッドに行きました。
秋吉さんと同じく自分も今回はちょっといただけなかった・・・。
シロップのあのダウナーさはどこに!?と寂しくなったのも事実です。
takuyaさんのログを読んで、daimas氏の、変化の過程を見せていってるんだっていうのと同じような事を言ってるなあと、思いました。
実験的な事をやるからには賛否両論は付き物ですよね。
プロなら完成度の高いものを見せろ、って思うのも当たり前だと思う。
でもこういうのもアリなのかな、と思い始めてます。
秋吉さんは好きだからこそ許せなかったんじゃないかな?と勝手に思ってます。
でも好きだから許せる事もある。
いろんな考えがあって面白いですね。
長々とすみませんでした。


2005/09/06(火) 04:15:58 | URL | 遅刻 #-[ 編集]
おっさんでも五十嵐。
レポありがとうございます☆正直リキッドがショップオープン日で徹夜明けのため、結構ボーっと聴いていました、そしてあんまり五十嵐の歌が記憶に残ってないのがさびしくはありましたが、新曲だけっていうのは覚悟してましたし、最後の終わり方が悪いのは半分SEの選びかただったと思ってるので、まぁ相変わらずそのへんは期待せず暖かく見守りたいと思います。以前新曲ラッシュプラス超ハイテンションの時に相当凹みましたが、今回はそうでもなく。五十嵐節健在は確認できたので、CDまでまた何回かライブで観たら親しみがわいてゆくかなと。それより実は五十嵐がGで参加したアヒトさんのおかしな踊りの曲が頭から離れません。VOLAもファンになりそうでまた出費が怖い限りです。ではまた。
2005/09/07(水) 01:05:47 | URL | 都 #er8g3Pl6[ 編集]
レス
>秋吉
好きの度合いを何で測るかはどこが好きかでも変わるので一概には言えませんが、許容量みたいなものはあるかもしれませんね。僕は逆にこないだのモーサムは新曲多すぎてちょっと退屈でしたし。

>遅刻さん
正直、バンドの変化の度合いというほど大それたものはあまりよくわかりませんが、単に曲が完成されていく過程が楽しいです。こないだはヘナチョコだったこの曲がここまでしっかり出来上がってきたかぁとか。前回五十嵐くんがゆってた、公開リハーサルみたいなもんでしょうか。
ダウナーさかぁ。曲はたしかにポップな感じのものが増えてると思います。でもシロップのライヴの観客の雰囲気ってのは他のバンドに比べるといつも独特ですね。曲間は心臓の音が聞こえそうなくらい。もちろん、五十嵐君の、ですけど(笑)。

>都さん
うん、結構新しい試みもやってるんだけど、やっぱ部分的には間違いなく五十嵐節ってのはありますね。自然に馴染んでしまうようなメロディとか。
VOLA は結構洋楽っぽい感じがしてます。まだ方向性が決まりきった感じでもなくて、いろんなタイプの曲を節操なくやってるのは面白いですね。
また 9.24 にて。
2005/09/10(土) 01:51:40 | URL | takuya #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moresoreal.blog6.fc2.com/tb.php/70-30c17483
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。